歴史と沿革

大正7年        日本にて世界で初めて軟式ボールが考案実用化される。

 

大正10年       慶應義塾軟式野球クラブチームが発足。(当倶楽部の前身)

 

昭和36年       東京六大学学生軟式野球連盟設立。

               (平成13年、東京六大学軟式野球連盟に改称)

 

昭和41年       慶應義塾大学のの2つのクラブチームが合併。当倶楽部の創部元年と定める。

              慶應義塾大学軟式同好会に改称。

               秋季東京六大学リーグ戦にて初優勝。

 

昭和45年       全日本大学L号軟式野球連盟設立。(現、全日本大学軟式野球連盟)

 

昭和63年       慶應義塾大学A号軟式野球部に改称。

 

平成3年        文部大臣杯第14回全日本学生軟式野球選手権大会優勝

              第12回東日本学生軟式野球選抜大会 合わせて連続優勝。

               慶應義塾より「小泉信三体育努力賞」受賞。

 

平成5年        東京六大学リーグ戦、初の春秋連覇。秋季は無敗完全優勝。

 

平成6年        慶應義塾体育会より所属団体に認定される。

              慶應義塾体育会所属軟式野球倶楽部に改称。

 

平成12年       慶應義塾体育会より新種目団体に認定される。

              慶應義塾体育会軟式野球倶楽部に改称。

 

平成28年       慶應義塾体育会42番目の部として正加入。

              慶應義塾体育会軟式野球部に改称。

 

主な戦績

東京六大学軟式野球リーグ優勝 12回

 

全日本選手権優勝1回・準優勝2回(出場5回)

 

東日本選手権優勝1回・準優勝2回(出場10回)

Copyright ©  2016 慶應義塾體育會軟式野球部, All Rights Reserved.