2020年度、体育会軟式野球部主将を務めます、法学部4年の小林優太と申します。

昨年のチームは、秋季26年ぶりのリーグ優勝を果たし、大きく飛躍した一年となりました。しかし、東日本大学軟式野球選手権大会ではベスト8を目前に敗れ、上位大会で勝ち進むことの難しさを痛感いたしました。

昨年以上の成績を上げ、目標としている全日本大学軟式野球選手権大会出場を果たすべく、今年度は「躍進」をチームスローガンに掲げています。部員一人ひとりが現状に満足することなく、更なる飛躍を目指し、日々の練習に取り組んで参ります。また、野球ができる環境に感謝し、支えてくださる方々のため、目の前の一戦一戦に全力で臨みたいと思っております。

軟式野球部は、体育会に昇格してから今年で5年目を迎えます。主将を務めさせていただけることに感謝し、義塾を代表して軟式野球をプレーする喜びと責任を後輩たちに繋いでいきたいと考えております。そして軟式野球部が今後も成長し続けていけるよう、様々な取り組みに尽力して参ります。

最後になりますが、平素より軟式野球部を支えてくださる皆様に心より御礼申し上げます。今年度も、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

2020年度慶應義塾体育会軟式野球部

法学部4年

主将あいさつ

主 将 小林 優太

Copyright ©  2016 慶應義塾體育會軟式野球部, All Rights Reserved.