主将あいさつ

本年度体育会軟式野球部主将を務めさせていただきます、小野陽平と申します。

昨年のチームは、11年ぶりに東日本大会に出場するも、優勝をかけたリーグ最終戦に敗れ、同率首位で迎えた明治大学との優勝決定戦に惜敗し、準優勝という結果に終わりました。チーム目標として掲げてきたリーグ戦優勝に、あと1歩及びませんでした。優勝の重圧と、あと1歩の遠さを痛感しました。

昨年味わった悔しさを晴らすためにも、今年のチームは”不撓不屈”をスローガンに掲げました。これまでの殻を破るためには、あえて険しい道を選択し、困難に立ち向かい、それを乗り越えなければなりません。その中で培う”不撓不屈”の精神を持って、悲願のリーグ戦優勝に向け、チーム全員で邁進していきます。

軟式野球部は、体育会に昇格してから今年で4年目を迎えます。我々新4年生は、体育会昇格元年に入部した特別な世代です。このような世代の主将を務めさせていただく私には、義塾を代表して軟式野球をプレー出来る慶びを、長く後輩たちに繋いでいく使命があると考えています。軟式野球部が今後、大きく発展していくことを目指し、様々な取り組みに尽力していきたいと思います。

最後になりましたが、平素より軟式野球部を支えてくださっている皆様に心より御礼申し上げます。本年度も、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

慶應義塾大学法学部4年
平成31年度慶應義塾体育会軟式野球部主将

​小野 陽平

Copyright ©  2016 慶應義塾體育會軟式野球部, All Rights Reserved.